フレンチブルドッグのトップブリーダーがブリーディングした優良な子犬を紹介するポータルサイトです。優良血統フレンチブルドッグの子犬をブリーダーから直販を探すなら「DOG∞/ドッグエイト」です。

ドッグエイト
12/1 ブリンドル メス 1/31 ブリンドル オス 


ドッグエイト|DOG∞〜フレンチブルドッグ専門販売〜

DOG∞/ドッグエイトはフレンチブルドッグの優良ブリーダーが輩出する子犬を紹介するポータルサイトです。


Dog∞/ドッグエイトは、お客様に全国の一流ブリーダーの子犬を紹介するサイトです。

信頼できる一流ブリーダーから子犬を直接購入することにより、健康な子犬を適正価格でお迎えいただけます。

Dog∞/ドッグエイトであなたのご希望にあった子犬・ブリーダーを見つけて、元気でかわいいフレブルちゃんをお迎えください。

 

DOG∞/ドッグエイトをご利用になる方はご一読ください。 こちらから!

 

現在、マッチングサービスで3組の方が順番待ちをされています。

 

現在、ご紹介できるフレンチブルドッグは・・・

 

誕生したフレンチブルドッグの頭数一覧表

ブリンドル

フォーン

パイド

クリーム

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

フレンチブルドッグ 子犬

  • 1月31日誕生    1頭
  • 12月1日誕生    1頭

 

ドッグエイト 問い合わせ

 

ドッグエイト

 

DOG8

 

 

子犬誕生!最新情報!

ドッグエイト 子犬誕生情報

 

1月31日ブリンドルの男の子とパイドの女の子が誕生しました!

 

鹿児島県でスクスク成長中!!見学予約受付開始しています!

 

ブリンドル 男の子

 

フレンチブルドッグ ブリンドル フレンチブルドッグ ブリンドル
フレンチブルドッグ ブリンドル フレンチブルドッグ ブリンドル

 

両親情報

父犬.:外産 JKCチャンピオン ブリンドル!
父親はAMグランドチャンピオン 母親はインターチャンピオン

 

母犬:パイド!
父親は外産チャンピオン 母親はポーランド外産

フレンチブルドッグ ドッグエイト 文句なしの優良血統を継承した2頭です!

 

詳細情報

 

現在、見学予約を受け付け中!
  • 販売開始しています
  • 子犬の体調により予定は変更されます!
  • 販売開始前でも購入予約は可能です。ご相談ください!

 

ドッグエイト 問い合わせ

ドッグエイト

 

 

12月1日ブリンドルの女の子が誕生しました!

 

ブリンドルの女の子をあえて生後5カ月から販売開始します!
時期に生後6ヶ月を迎えます。そのメリットは!

生後、2カ月の子犬は手がかかります。
フレンチブルドッグの生後2カ月といえば離乳食になって間もない状態です。
この時期まだ、お留守番をさせるにはまだ不安が残ります。
両親の元でしっかりした社会性を学ばせることを目的としました。
トイレトレーニングやクレートトレーニング、オービディエンストレーニングを身に着けています。

 

12月1日ブリンドルの女の子

両親情報

父犬はJKCチャンピオン ブリンドル。
両親共に外産チャンピオンの直子です。
母犬は 外産でセルビアのチャンピオン直娘!フォーン
です。

詳細情報

 

 

 

現在、見学予約を受け付け中!
  • 販売開始しています
  • 子犬の体調により予定は変更されます!
  • 販売開始前でも購入予約は可能です。ご相談ください!

 

ドッグエイト 問い合わせ

ドッグエイト

 

ご存じですか?

私達が賜るお客様からの要望に、フォーンやパイドなどの毛色を要求されることが多くあります。
しかしながら、フォーンやパイドの子犬の誕生は希少なのです。

 

その理由として両親のどちらかにブリンドルを掛けることが色素異常や先天性異常の子犬を出さないための常識なのです。
DOG∞に登録されているブリーダーさんは、皆さんこの常識を厳守されているのです。

 

これまでの経歴からブリンドルの子犬の誕生率は7割から8割がブリンドルです。
フォーンやパイドの誕生は極少なのです。

 

それでも、ペットショップなどのショーウィンドーには様々な毛色が並んでいるのを目にするかと思います。
両親がパイド同士やクリーム同士などで掛け合わせるとクリームやパイドの出生率は格段に上がるそうです。

 

しかし、そのような子犬は一生涯疾患を発症し、1ヵ月の病院費用は4万円かかるという声を聞き及びます。
毎日、ステロイドを投与しなくてはならない状態だそうです。
このような症状を抱えた子犬を格安で購入されても、発症後の治療費は年間50万以上になる可能性を秘めているかもしれません。

 

更に、アレルギーを発症するため市販のドッグフードも与えられず、手作りでフードを与え、抜け毛の量も半端ではないそうです。
巷には格安で出回っている子犬が沢山いますが、そのような子犬を購入する場合、是非、両親の確認をされてください。
更に必要であれば遺伝子検査を依頼してクリアであることを確認されることをお勧めします。

 

Dog∞でご紹介する子犬達はこのような心配が少なく、フォーンやパイドが貴重であるということをご認識ください!

ドッグエイト 問い合わせ

更新履歴